ブロックチェーンで安全な取引ができる

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはビットコインの取引を安全に成立させるために作られた仕組みです。ブロックチェーンとはすべての取引が1本のチェーンのように繋がっている事からきています。
ブロックチェーンはまず、一定時間、取引を一つのブロックに入れてまとめておきます。そして、鍵をかけた後、次のブロックを同じように作ります。そして、二つのブロックをチェーンで繋いでいきます。この時、ブロックチェーンは一定のルールに従ってチェーンを繋いでいます。なので、もしブロックの途中で改ざんをするとブロックチェーンの整合性がとれなくなるので、すぐに発覚します。
ちなみに、一定のルールに従ってチェーンを繋ぐ時、ナンスという二つのブロックを繋ぐ数字を算出してから繋ぎます。ナンスを算出すると報酬としてビットコインがもらえます。この算出作業が鉱石の発掘みたいなのでマイニングといわれ、マイニングをする人をマイナーと言います。

なぜブロックチェーンで安全な取引ができるのか

まず、ブロックチェーンは管理者もいらず、第三者からの改ざんや不正がなるべく起こらないようにすることを目的として作られました。
管理者がいらないということは、メインサーバーを通さずに当事者同士で取引ができます。そして、管理者がいないということはメインのサーバーがありません。その代わり取引データは世界中のコンピュータに分散して保存されるため、盗難や紛失、消失の心配はありません。
また、すべての取引内容を誰でも確認ができます。もちろん、取引内容はハッシュ値という暗号に変換されているので個人情報が漏れる心配はありません。このハッシュ値という暗号は一文字違うだけで全く違う暗号になるので、改ざんするとすぐに分かります。
さらに、ブロックチェーンを成立させるためには厳しいルールがあり、このルール通りに従わないと整合性が取れなくなります。
以上のことからブロックチェーンは安全な取引が可能な仕組みなのです。